犬の分離不安障害の話し

by tot
3月 27 2014 年

犬の分離不安障害って知ってますか?
ご主人が居なくなることの強い不安感などからワンワンと吠え続けてしまうような症状のことです。

過剰な愛情を人間が与えてしまったことによる犬の症状であって、飼い始めの人間の犬への接し方に問題があります。
感情に愛情を与えたり、接触していることで、留守番時に急に1人にさせられてしまう寂しさから、問題行動を起こすパターンがあります。
例えば、家中を徘徊したり、留守中永遠と遠吠えをし続けて近所迷惑になってしまったり、物を壊したり、食べ物をあさったり等の問題行動が見られます。
これらは、ただのイタズラではなく、精神状態が不安定なことを示す問題行動ですので、しつけをすることがとても困難な状況でもあります。

先日、私が脱毛店へ出かけようと思い、ほんの1~2時間外出した時にも愛犬はこれらの問題行動を起こしました。
まず、玄関においてあったヒールの靴が壊されており、ベッドの布団の綿が出されていました。
これらは問題が起こった後に叱っても犬にはなかなか伝わりづらく、あまり叱ったところで効果がありません。
犬は問題を起こしたその場で叱ってしつけなければならないのです。
極力犬が問題を起こしにくい環境を整え、外出することが犬へも優しい対処法でしょう。
また、無駄吠えについても同じです。
精神的に不安定になっているため、犬自身も吠えることによりストレスをかかえてしまうので、吠えなくてすむようにリラックスさせてあげましょう。
アロマ系でリラックスしたり、獣医から安定剤を処方してもらうことも可能です。
うちの犬の場合は色々試した結果効果が見られませんでしたので、今ではシリコン製の口輪を使用して留守番させるようにしています。
犬にとってこの口輪はとても苦痛なので、吠えないように本人も我慢するようになってきました。
口輪を見るだけで嫌で逃げ回ります(笑)
装着されるのがキライなので、装着することで色々諦めモードになり安定した状態で大人しくなります。

うちの愛犬が少しでも留守番が長く出来るようになれば、
私も脱毛店でこれまでよりも長く、全身脱毛を受けられるようになります。
沢山お留守番できるようになることで、犬自体も成長し、私も自分磨きに励むことができるでしょう。
私は渋谷が通いやすいので脱毛は渋谷エルセーヌで全身受けようと考えています。

コメントは受け付けていません。

Trackback URL for this entry